代表紹介

 濱田 英世 (HAMADA HIDEYO)

尼崎市内 小学校教師を6年間務める。。
学校で教鞭をとる中で、幼児期における家庭教育の大切さを感じ、その後自分の子育てを機に退職。 
平成3年  子育てサークル「やんちゃんこ」 立ち上げ
      ノリのいいやんちゃな子どもを育てたい  
      親子で五感を使った遊びを中心に始める
平成 14年  保護司となる 
平成 17年  「あまがさきキッズサポーターズ」代表
平成 18年  厚生労働省 地域子育て支援拠点事業「わいわいステーション」開設
      同年より現在 私立小学校非常勤講師として勤務  
平成 20年  尼崎市教育委員  平成 23年~ 27年 尼崎市教育委員長 拝命 
      令和 23月まで  
平成 25年  内閣府より 兵庫県で一人 「子ども・若者子育て支援功労者賞」を
      総理官邸にて受賞  
平成 27年  特定非営利活動法人 やんちゃんこ 設立
平成 29年  「兵庫県功労者」表彰 兵庫県より  
令和 2年  「地方教育行政功労者」表彰  文部科学省より


県民生活課から取材を受けました

ネット情報誌「すごいすと」に掲載

すごいすとイメージ
 小学校教員時代、母親の愛情不足へのSOSを子どもたちから受け取った濱田英世さん。「子育て支援は親の支援」をモットーに、平成3年、子育てサークル「やんちゃんこ」を仲間と共にスタート。平成27年にはNPO法人となり、地元地域での子育て支援の草分けとして積極的な活動を続け、今年28年目を迎えた。中でも平成17年に尼崎市と共に立ち上げた「あまがさきキッズサポーターズ」では、市民目線での子育て支援情報の発信を、厚生労働省地域子育て支援拠点「わいわいステーション」では、専門家に気軽に相談できる相談会や親子で楽しむイベント企画をはじめ、新たなサポート事業を次々に展開。保護者が遊び、学び、リフレッシュできるプログラムの提供、子どもの発達についての支援、さらには小中学生の放課後支援に至るまで、行政と共に、時には行政に代わって、地域で子どもを育てる環境づくりに取り組み続けている。
Facebook始めました

一時預かりしています一時預かりしています
虹色カフェ虹色カフェ
賛助会員募集のお知らせ賛助会員募集のお知らせ
特定非営利活動法人やんちゃんこ

今月の本棚

おーなり由子・はたこうしろうの赤ちゃん絵本シリーズ「あかちゃんとのあそびえほん」から2冊を紹介します。親子でとっても楽しい時間が過ごせる絵本は、ご夫婦でいらっしゃるおーなりさん・はたさんの子育て体験から生まれてきたそうです。
(スタッフ 中野まゆ美)


ぶう ぶう ぶう

文: おーなり 由子 絵:   はた こうしろう 出版社:講談社
「ぶう」の音で、赤ちゃんとおかあさんのスキンシップタイムが、
もっと楽しく、笑顔がいっぱいになる一冊です。

ぎゅう ぎゅう ぎゅう

文: おーなり 由子 絵:   はた こうしろう 出版社:講談社
赤ちゃんにとって幸せな「ぎゅう」がたくさん登場します。 赤ちゃんの身近なものとのスキンシップの楽しさが絵本にいっぱい!