SUNぷらっと

HOME > SUNぷらっと

塚口さんさんタウン3番館6階(阪急塚口駅南出口より徒歩1分)
【お問い合わせ】SUNぷらっと tel 070-5663-8841

10月のプログラム

SUNぷらっとプログラム10月.png

11月のプログラム

SUNぷらっとプログラム11月.png

イベントのご案内

main_top_c.png

main_bot_c.png

main_top_c.png

main_bot_c.png

お知らせ

main_top_c.png

米田和子先生のお話が神戸新聞に掲載されました

yoneda.jpg わが子の発達に問題があるかもしれないと感じると、保護者は「育て方が悪いのか」と思い込む。時にはわが子に当たってしまう事もある。発達障害は脳機能に起因する。検査をきちんと受ければ、その結果を踏まえて対応することができる。
 自閉症やアスペルガーの子は集団生活でトラブルを起こしがちだが、人の気持ちがわからないからではない。彼らの気持ちに近づけば、彼らも近づいてきてくれる。 
 高校生ぐらいになると、彼らは真面目に考えすぎてしんどくなる。安心できる人間関係をどう結ぶかが課題だ。大切なのは「感情は受け止める。でも行動は修正する」こと。ただ、こちらが言い過ぎてもだめ。自分で認知し、自分で決めさせる事を徹底させる。自分の得意なことを知り、苦手な事は助けを得られるということを、子ども達に知ってほしい。
 発達障害には、成長段階によって様々なことが起き、親も自身喪失してしまいがち。本人の自己肯定感が低くなるケースもある。だからこそ「原因は脳機能だ」と本人に教えてあげる大人の存在が重要だ。
 現状を受け止め、できない事はつつかない。「特性」を「障害」にしない。自己肯定できる子になるために、わが子をしっかり見てあげてほしい。( 記事抜粋)

main_bot_c.png

main_top_c.png

main_bot_c.png

大人中心のプログラム

RAKURAKUエクササイズ
ストレッチを中心とした動きで、負荷が少なく動きがゆるやかなため幅広い年代の方が参加できます。
ヨガセラピー
心と体の健康を目的としたゆっくりとした優しいヨーガです。
レジンアクセサリー
UVレジンで作るオリジナルアクセサリー作りです。

子ども中心のプログラム

ベビーマッサージ
お母さんの温かい手でマッサージすると、赤ちゃんは安心します。
リトミック
音楽に合わせてリズムを楽しみます。
にじいろくれよん
幼稚園から小学校低学年向きで、手先を使った工作教室です。
3B体操
ボール、ベル、ベルダーの用具を使って音楽に合わせて親子でする健康体操です。
ベビー3B体操=歩けない子ども対象
キッズ3B体操=歩ける子ども対象
絵本で遊ぼう!
絵本を読んっでもらった後は、絵本にちなんだ楽しい工作time。小さいお子さんもどうぞ!

LinkIcon

LinkIcon

1


link_icon_c.png会員以外の方も一回850円で受講していただけます。(別途材料費がかかるものもあります)

link_icon_c.pngプログラムの申込みは代金を添えて4階スタッフにお願いします。

link_icon_c.pngお電話での申込みは仮予約となりますので、当日迄に代金を払いチケットをお受け取りください。

link_icon_c.pngすべてのプログラムは前日4時まで受け付けています。参加できなくなったときは他のプログラムに振り替えできますが、再度申し込みが必要です。

link_icon_c.png当日の講座開始時間までにキャンセルの連絡がない場合は振り替えはできません。

link_icon_c.pngチケットは譲渡できません。

link_icon_c.png「ぷらっと!」会員への入会・お問い合わせはスタッフまで

お申し込みはアラカサビル3階
SUNぷらっと
TEL 070-5663-8841

虹色カフェ.png

子どもの発達で心配な事が・・・
子どもとの関わり方がわからない・・・

子育てのことで悩んでおられるお母さん、お父さん、また先生など子育て支援に関わる方々が、専門の先生のお話を聞いたり、気軽に相談できる場所、それが“やんちゃんこ”の「虹色カフェ」です。毎回、各方面の専門の先生や行政の方々などをお迎えし、お茶を片手に、みなさんがほっこり語らいながら集っています。お子さん同伴でも大丈夫!ぜひ、お気軽にお立ち寄り下さい。

毎月第3木曜日10時~12時
   ※変更する場合もあります
参加費300円(お茶とお菓子代含む)

参加者の声

リラックスした雰囲気でざっくばらんにお話が聞けてとても参考になった。
悩んでつまずき立ち止まっている自分自身の背中を押されたような気がした。
もっと話がしたかった。聞きたかった。
なかなかお話を聞けない先生からたくさん情報が聞けてよかった。
お菓子が美味しい~

〈協 力〉

・米田 和子氏 NPO法人ラヴィータ研究所 こども発達相談センター「和」所長
・兵庫県西宮こども家庭センター
・高原 周冶氏 医療法人社団 高原クリニック理事長
・山本 千尋氏 山城小児科医院 医院長