やんちゃんこ3つのブログ

チーフからのお便り

「わいわい夕涼み会」では懐かしい方々とお会いできました

2018年08月01日

 

 先月からの地震・豪雨災害・台風により多くの尊い命が亡くなりました。心からご冥福をお祈り申し上げますと共に被災された皆様には一日も早い復旧と、日常の生活に戻れますことを心よりお祈りいたします。
 異常気象という言葉がよく聞かれるようになり、いつ、どこで、どのようなことが起こってもおかしくないこの頃となりました。もしもの時の情報入手・避難方法・災害に対する知識などは各自できちんと確認しておくことが必然となってきました。
 “まさか”ではなく“もしも”の時の準備や心構えを大切にしたいと思います。
 また毎日、体温ほどの気温が続き、熱中症に関してのニュースも連日報道されています。乳幼児は大人に比べ、体温の調整機能が未熟で汗をかく能力が低いので熱中症になりやすいと考えられているそうです。子どもたちの背は低く、いくらベビーカーに乗っていても大人より地面の近くとなるため、下からの照り返しもまともに受けることになります。思っているより、子どもたちは暑さを感じる環境にいるということです。
 常にたくさんの水分が必要とされるのに、自分で水分を補給することや服を脱いで調整することができないので、お父さん・お母さんが注意して見ていてあげることが一番の防止対策となるのです。大人も子どもも頑張って、この暑い夏を元気に乗り越えたいものです!
 
 先月最後の土曜日は「わいわい夕涼み会」を開催しました。ブーメランのように進路を変えてやってくる珍しい台風とにらめっこをしながらの夕涼み会となりましたが、最後まで雨にも合わず(すこ~しポツポツしましたが・・・)終えることができて本当に良かったです。たくさんのご参加、ありがとうございました。
 スッタフからの声で一番多かったのは、やんちゃんこやわいわいステーションに来てくれていた方々にお会いできたことが懐かしく、嬉しかったというものでした。
小さかった子どもたちの背がうんと伸びていたり、顔つきがとてもお兄ちゃん・お姉ちゃんになっていたり、おしゃべりがしっかりできるようになっていたり・・・・
きっと毎日ではあまり感じない成長が、久しぶりのスタッフにはとてもはっきり感じられるのです!
 当たり前のことで、普段気にもしていないその成長こそが命そのものであり、一日一日子どもたちはいろいろなことを吸収して、ぐんぐん育っていっているのです。その元気な顔や様子が見られる夕涼み会での再会ほど幸せなことはありません!また、お父さん・お母さん方からも保育所や幼稚園での話や“もう小学生です。どうしましょう!“などと楽しい報告や相談を聞くことも嬉しいことでした。
 私たちはいつまでも、皆さんの応援団です。いつでも、います。今、やんちゃんこやわいわいステーションに来てくださっている皆さんはもちろんのこと、これからも、いつまでも嬉しい話・困った話、一緒にどんどんしましょうね!